40代の転職後

何故またブラック企業に転職してしまうのか…ブラック企業からブラック企業へ転職し続ける3つの理由

投稿日:

ブラック企業から無事転職できたのに、転職先がまたブラック企業だった…

実は昨今ではあまり珍しい現象ではないみたいですね。

一度ブラック企業に勤めていた方は、恐らく次は絶対にブラック企業には入りたくないと思っているでしょう。

しかし結果として、またブラック企業を転職先として選んでしまうことは、往々にして起こっていることのようなのです。

今回はそのブラック企業からブラック企業に転職し続ける方の特徴などを考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

何故またブラック企業に転職してしまうのか

僕は幸運にもブラック企業と呼ばれる会社に入ったことはないのですが、一時期かなりのハードワークをしていた時期があったので、多少は気持ちはわかるつもりです。

ハードに働いている時は「この環境から抜け出したい」という気持ちが強くなってしまったりと、意外と冷静に考えられないのかもしれませんね…。

それがブラック企業を渡り歩くことに繋がっているとしたら、恐ろしいことです。

ちなみにブラック企業を渡り歩いてしまう理由としては、主に3つあると考えました。

まずはそれらを一緒に考えていけたら嬉しいです。

 

理由1.条件の基準が下がっている

ブラック企業に勤めていると、その基準が当たり前になってしまい、ブラックな条件の求人も良いものに見えてしまうかもしれません。

また面接でブラックな条件を突きつけられても、「前よりマシ」という理由でその条件を飲んでしまうことも考えられそうです。
結局前とそんなに変わらない辛さになることでしょうが…

ホワイト企業を知っていたら絶対に飲まない条件も、ブラック企業の基準に無意識に染まっていることが、ブラック企業を渡り歩いてしまう一つの要因であることは間違いないでしょうね。

 

理由2.とにかく抜け出したい気持ちが強すぎる

勤めているブラック企業が嫌になった時、とにかく抜け出したい気持ちが強すぎて、なりふり構わず転職してしまうこともあると思います。

隣の芝は青いではないですが、転職を考えている時って今より辛い環境はないくらいに考えてしまうことがあります。

僕でもそうでしたので、ブラック企業にお勤めの方は尚更でしょう。

そんな中安易に転職してしまうと、これだけブラック企業ばかりの世の中ですから、またブラック企業を掴まされる可能性は大きいと考えます。

転職したい気持ちが強すぎるというのも、考えものかもしれませんね。

 

理由3.ブラック企業にしか入れないと思っている

自分の経歴や職歴を鑑みて、そもそもブラック企業にしか入れないと思っている方もいると思います。

実際ブラック企業にしか入れない人なんてほぼいないでしょうが、本人がそう思い込んでしまい、自分で可能性を閉ざしていることは考えられますね。

また「とにかく働ければいい」という思考で転職活動をしていても、そういう人を食い物にしようとしているブラック企業に出会ってしまうと思います。

こういう思考は一番危険ですので、面接前にしっかり会社選びはすべきでしょうね。

 

ブラック企業を渡り歩かないために

ではブラック企業への入社を避けるためには、果たしてどうすればいいのでしょうか。

僕が転職エージェントの方から教わったことは、とにかく民間のメジャーな求人媒体(リクナビ、マイナビなど)を活用することが有効だそうです。

国が運営しているハローワークのようなところには、企業がタダで求人を出せるため、たくさんのブラック企業が求人を出しているようです。

その分民間の求人媒体は、求人を出すのにお金がかかるため、少なくとも離職率の高い企業は採算が合わず、求人を出さない可能性が高いというわけですね。

ブラック企業を渡り歩く人の話を何かで見たのですが、やはりハローワークで転職先を探していたみたいでしたので、最低限メジャーな民間の求人媒体を活用するようにしましょう。

 

ブラック企業スパイラルから抜け出そう

ブラック企業からブラック企業へ転職なんて、考えただけでも恐ろしいことですが、ブラック企業が増え続ける今の日本においては誰にでも起こり得ることなのかもしれません…。

ブラック企業からブラック企業へ渡り歩く、まさに負のスパイラルに陥らないために、転職先は慎重に選んだ方がよさそうですね。

特にハローワークで転職先を探す際は、ブラック企業かどうか事前にしっかり確認をしておくことをお勧めします。

40代の転職活動でお勧めの転職サービス

僕個人が利用したサービスから、40代の転職活動で欠かせないと思ったサービスを厳選して選んでみました。

転職を考えている40代の方は、まずこの中のどれかで転職活動を始めることがお勧めです。

リクナビNEXT

業界最多の求人数!40代の転職活動者も多数座席しているようです。

リクナビNEXTとは、人材業界最大手のリクルートが提供する転職サービス。
ハローワークを除けば最も多くの求人が掲載されているので、40代でも自分に合った求人を見つけやすいのが特徴です。

リクナビNEXTに登録しておくと、通勤時間やちょっとした隙間時間にも求人を見ることができ、気になる求人があればワンタッチで応募することもできます。
転職活動をするのであれば、必ず登録しておくべきサービスと言えるでしょう。

公益財団法人東京しごと財団

東京しごとセンターの「ミドルコーナー」で、30歳〜54歳までの方の就労支援を行っています。

東京都が行っている、ミドル〜シニア層向けの就労支援サービス。

年間7000人の就業支援実績があるようです。

実は僕もここで相談を受けたことで、転職の成功へと結びつきました
東京近郊にお住まいの方に限られてしまいますが、転職でお悩みの40代の方は絶対に利用してほしいサービスです。

リクルートエージェント

時間がない方は転職エージェントを活用しましょう。 自分が働いている間も、あなたの代わりに仕事を探してきてくれます。

転職エージェントとは、求職者に代わって仕事を探してきてくれたり、条件の交渉なんかもしてくれるサービスです。
しかも求職者側は一切お金がかからないので、求職者にとってはすごくありがたいです。
(企業側がお金を払う仕組みになっています)

その中でもお勧めなのは、やはりリクルートのサービスですね。
40代ですと転職活動に時間を割けない方も多いはずですので、そういう方はリクルートエージェントを活用して転職活動の幅を広げてみてください。

-40代の転職後

Copyright© 40代転職組 , 2019 All Rights Reserved.