40代の転職活動の悩み

職歴が多い40代でも転職はできるのか!?職歴の多さを武器にできるかが鍵

投稿日:

今回は職歴が多くても転職できるのか、というテーマについて書いていきます。

僕たち40代の世代では「転職は3回まで」と言われていたほど、職歴が多いというのはかなりのマイナスイメージでした。

それは今も変わらないと思いきや、今の時代は転職が多くても許される傾向は強まっているようです。

ただ一方で我々40代の人間を面接する面接官は、同じ世代の方であることもしばしば…。

そんな40代の転職では、職歴の多さが転職の足枷にはならないのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

基本的に職歴は少ない方がいい

まず職歴が多い方がいいか、少ない方がいいかでいうと、やはり職歴は少ない方が転職では有利なようです。

人材不足が騒がれている世の中ですから、職歴が多い=転職しやすい人材よりも、職歴が少ない=転職されにくい人材を雇いたいと思うのが、やはり企業の本音ということみたいですね。

特に40代となりますと、転職後すぐに重要なポジションを任せられたり、重要な戦力として数えられたりすることの方が多いので、採用後転職されると企業にとって大きな痛手となってしまいます。

職歴はあとで操作できるものではないのですが、職歴が少ない方が有利なのは揺らがないでしょう。

 

職歴が多い方はそれを武器にしよう

では職歴が多い40代は転職を諦めるべきなのでしょうか…?

もちろんそんなことはなく、職歴の多さを逆に武器にすることができます。

職歴が多い場合、面接時に「職歴が多いのには何か理由があるのですか?」みたいなことを聞かれることでしょう。

そんな時になんて答えるかで、あなたの評価は大きく変わってきます。

これは職歴だけではなく、他のマイナス要素においても同じことが言えまして、面接官に突っ込まれた時になんて答えるかで、逆にプラスの印象に転換することができます。

職歴が多くて悩んでいる方は、まずは職歴の多さを武器にすることを考えてみてください。

 

職歴の多さをどう武器にするか

では実際に、職歴の多さをどう武器にすればいいのでしょうか?

僕は職歴が少ない側なのですが、少ない側として感じることは、職歴が多い人の方が仕事における経験値が高いということです。

職歴が少ない人は、限られた業務の経験しかなく、仕事上の成長も少なかったりする場合があります。
(僕はそんな感じです 笑)

しかし職歴が多く、あらゆる仕事を経験してきた方は、その豊富な仕事経験から、仕事の覚えが早かったり応用が効きやすいなど、実際の業務で活躍できたりします。

なので職歴が多い方は、これまでの業務経験をどう御社に活かせるか、というのをプレゼンするといいでしょう。

その際は具体的であればあるほどいいので、事前に企業のことをしっかり調べて置くことが大切になってきます。

企業側があなたの話を聞いて「うちに必要な人材だ!」と感じてくれれば、職歴の多さによるマイナスなどなくなってくると思いますよ。

 

ずっとその会社に勤め続ける意思表示も忘れずに

それから「ずっと御社に勤め続けるつもりです」という意思表示も、職歴が多い方ほど大切になってきます。

面接が終わった後に、「いい人だけど、辞められたら嫌だなぁ」と後で精査の対象になる可能性も捨てきれないですからね。

40代の転職では、一箇所でも手を抜くと全て崩壊すると思っておくくらいでちょうどいいと思います。

またずっと働き続ける意思は、恐らく面接を受けた方全員が言うことでもありますので、「なぜなら〜」というバックグランドをはっきりさせることがとても大切になっています。

理由は人それぞれベストなものを選択して欲しいのですが、家庭を持っている方の場合は単純に「家族を養っていきたいから、御社で活躍していい給料をもらえるようになりたい」くらい言っておきましょう。

給料の話をするといやらしいと思う方もいるかもしれませんが、ほとんどの労働者はお金の為に働くわけですし、採用側もそれは重々承知です。

なのでむしろ正直に言ってしまう方が、実は好印象に繋がりやすいのです。

職歴が多い方は、辞めない意思に加え明確な理由付けをすることで、企業側の「辞められるリスク」を感じさせないようにしましょう。

 

職歴が多い40代でも転職はできる

職歴は少ない方が、確かに転職では有利になってきます。

しかし職歴が多かったとしても、逆にそれを武器にして自分の業務遂行能力をアピールすることもできるのです。

要はどのような状況であっても、それを強みに変えることができるんですね。

この考え方はあらゆるマイナス要素に活用して欲しいのですが、職歴の多さに関しても単にマイナスと捉えず「どう活かせるか」を考えて欲しいと思います。

そして「私は辞めないですよ!」という意思表示を、他の面接者と差別化できる理由を添えて、しっかり伝えておきましょうね!

40代の転職活動でお勧めの転職サービス

僕個人が利用したサービスから、40代の転職活動で欠かせないと思ったサービスを厳選して選んでみました。

転職を考えている40代の方は、まずこの中のどれかで転職活動を始めることがお勧めです。

リクナビNEXT

業界最多の求人数!40代の転職活動者も多数座席しているようです。

リクナビNEXTとは、人材業界最大手のリクルートが提供する転職サービス。
ハローワークを除けば最も多くの求人が掲載されているので、40代でも自分に合った求人を見つけやすいのが特徴です。

リクナビNEXTに登録しておくと、通勤時間やちょっとした隙間時間にも求人を見ることができ、気になる求人があればワンタッチで応募することもできます。
転職活動をするのであれば、必ず登録しておくべきサービスと言えるでしょう。

公益財団法人東京しごと財団

東京しごとセンターの「ミドルコーナー」で、30歳〜54歳までの方の就労支援を行っています。

東京都が行っている、ミドル〜シニア層向けの就労支援サービス。

年間7000人の就業支援実績があるようです。

実は僕もここで相談を受けたことで、転職の成功へと結びつきました
東京近郊にお住まいの方に限られてしまいますが、転職でお悩みの40代の方は絶対に利用してほしいサービスです。

リクルートエージェント

時間がない方は転職エージェントを活用しましょう。 自分が働いている間も、あなたの代わりに仕事を探してきてくれます。

転職エージェントとは、求職者に代わって仕事を探してきてくれたり、条件の交渉なんかもしてくれるサービスです。
しかも求職者側は一切お金がかからないので、求職者にとってはすごくありがたいです。
(企業側がお金を払う仕組みになっています)

その中でもお勧めなのは、やはりリクルートのサービスですね。
40代ですと転職活動に時間を割けない方も多いはずですので、そういう方はリクルートエージェントを活用して転職活動の幅を広げてみてください。

-40代の転職活動の悩み

Copyright© 40代転職組 , 2020 All Rights Reserved.