40代の転職後

転職先で年下から舐められる…!?年下から仕事を教わることに抵抗を覚える人も

投稿日:

前職でどれだけキャリアを積み上げていたとしても、転職した先の新しい職場では事実上一番下から始めなければならない…

そうなると年下の人が同僚や上司になるケースもある訳ですが、中には「職場で年下に舐められる」という悩みを抱える方もいらっしゃるようです。

当然入社当初は年下の人たちの方が仕事ができるでしょうし、特に未経験の業界だった場合は、本当に一から学ばなければならないこともある訳です。

年下の方からしたら、自分より随分年上なのに仕事が全然できない人がいたら、やはり不満に思うでしょうし、それが態度に出てしまうのかもしれません。

今回はこの転職先で年下に舐められる問題について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

転職先で年下に舐められるのは何故か

ではそもそも、何故転職先で年下に舐められるという事象が起こるかについてですが…

これはほとんどの場合「仕事ができないから」という理由に集約されると思います。

やはり転職したばかりの状態では誰しも上手く仕事ができないと思うのですが、すでに会社にいる人たちは「これくらいできるでしょ」という視点を持っていることが多いと考えられます。

自分がすでにできるようになっている分、できない人の気持ちがわからなくなっている訳ですね。

こういう場合は、恐らく時間が解決してくれるというか、自分が仕事を覚えればいずれ舐められなくなると思います。

むしろ仕事の勝手がわかれば前職の経験も活かしやすくなるので、寧ろ「◯◯さんがきてくれて本当に良かったです!」と尊敬を集めるようになることもあるでしょう。

 

いつまでも仕事ができないことで舐められるパターンも

ただ問題は、自分がいつまでも仕事ができない時です。

最初は丁寧に教えてくれるようなホワイトな職場でも、流石にいつまでも仕事ができない人を和やかに迎えてはくれないでしょう。

いつまでも仕事ができないこと、それから本人が気弱な性格であると余計に、年下から馬鹿にされる可能性は高まります。

そうして年下から舐められることがわかると、余計に「失敗したらどうしよう」という気持ちが強くなってしまい、仕事で余計ミスをするといった悪循環に囚われることもあるのです。

 

年下から仕事を教わるのに抵抗が生まれる

それから年下に舐められている状況下ですと、仕事を教わるのにかなりの抵抗が生まれると思います。

特にある程度高い年齢で未経験職に入った際、同僚や直属の上司が全員年下ということもありますので、誰にも仕事の相談をできないという方もいるでしょう。

年上の上司に馬鹿にされても、勇気を持って相談に行けたりもしますが、年下ですと心理的に高い壁を感じると考えられます。

単純に聞くのが怖いという人もいれば、馬鹿にしてくる年下に教わることをプライドが許さないという方もいるでしょうね。

 

転職先で年下から馬鹿にされないためには?

では転職先で年下から馬鹿にされないためには、一体どうすればいいのでしょうか?

もちろん仕事ができるようになることが、最も効果的であることは間違いありません。

仕事ができる人こそカーストの頂点に立つのが職場というものですからね(笑)

ただそれが難しい場合のこともしっかり考えなくてはなりませんし、誰しも最初から仕事ができたら、年下に舐められるなんて事象も発生しない訳です。

なので仕事ができない、特に入社したての時にどう振る舞うかが一番大事ですね。

 

年下の同僚、上司としっかり関係値を築こう

僕が最初に大事だと思っていることは、何より関係値を構築することです。

馬鹿にされる、舐められるというのは、そこに人間関係がないから起こることでもあります。

仲良しとまではいかなくても、よい人間関係さえ築いておけば、仕事で困った時もちゃんと教えてくれますし、少なくとも舐められるなんてことはないでしょう。

そして関係値を築くことをしていく過程で、あなたの方も周りの年下の人たちと積極的にコミュニケーションをとると思うのですが、その大半は仕事の話だと思います。

年下からもしっかり教わろうとする年上の人というのは、年下から見ても尊敬に値する行動だと僕は考えています。

つまり関係値を築こうとすれば自然に仕事の話になり、仕事は覚えられるわ年下から尊敬されるわで、徐々に舐められる要素はなくなることでしょう。

 

仕事が向いてないなら転職を考えるのもあり

もし上のようなことを実践しても、いつまでも仕事ができず年下からも舐められ続けるようでしたら、そもそも仕事が向いていない可能性があります。

やりたい仕事なら我慢して続ける必要もあるでしょうが、そうでなければもっとあなたに向いている仕事があるはずです。

そのまま会社に残り続けても辛いだけでしょうし、再度転職を検討するというのもいいと思います。

向いていない仕事を続けることほど辛いことはないでしょうし、他に活躍できる仕事を探す方が、自分も含めてあらゆる人を幸福にすることに繋がるでしょうからね。

 

転職の際は年下に舐められないようにしよう

これから転職するという方は、転職先で年下に舐められてしまう前に、先に人間関係を築く努力をしてください。

年下に舐められるという状況は、例え仕事ができなくても回避できるものだと知っておきましょう。

もしすでに年下から舐められていて辛いという方は、同じく関係値を修復・構築するとともに、一刻も早く戦力になることを考えてみてください。

一定期間続けてみて、どうしても自分には向いてないと思った際には、再度転職を考えてみるのもいいと思いますよ!

自分が活躍できる職場を見つけることができれば、年下に舐められるなんてことは起こりませんからね。

40代の転職活動でお勧めの転職サービス

僕個人が利用したサービスから、40代の転職活動で欠かせないと思ったサービスを厳選して選んでみました。

転職を考えている40代の方は、まずこの中のどれかで転職活動を始めることがお勧めです。

リクナビNEXT

業界最多の求人数!40代の転職活動者も多数座席しているようです。

リクナビNEXTとは、人材業界最大手のリクルートが提供する転職サービス。
ハローワークを除けば最も多くの求人が掲載されているので、40代でも自分に合った求人を見つけやすいのが特徴です。

リクナビNEXTに登録しておくと、通勤時間やちょっとした隙間時間にも求人を見ることができ、気になる求人があればワンタッチで応募することもできます。
転職活動をするのであれば、必ず登録しておくべきサービスと言えるでしょう。

公益財団法人東京しごと財団

東京しごとセンターの「ミドルコーナー」で、30歳〜54歳までの方の就労支援を行っています。

東京都が行っている、ミドル〜シニア層向けの就労支援サービス。

年間7000人の就業支援実績があるようです。

実は僕もここで相談を受けたことで、転職の成功へと結びつきました
東京近郊にお住まいの方に限られてしまいますが、転職でお悩みの40代の方は絶対に利用してほしいサービスです。

リクルートエージェント

時間がない方は転職エージェントを活用しましょう。 自分が働いている間も、あなたの代わりに仕事を探してきてくれます。

転職エージェントとは、求職者に代わって仕事を探してきてくれたり、条件の交渉なんかもしてくれるサービスです。
しかも求職者側は一切お金がかからないので、求職者にとってはすごくありがたいです。
(企業側がお金を払う仕組みになっています)

その中でもお勧めなのは、やはりリクルートのサービスですね。
40代ですと転職活動に時間を割けない方も多いはずですので、そういう方はリクルートエージェントを活用して転職活動の幅を広げてみてください。

-40代の転職後

Copyright© 40代転職組 , 2019 All Rights Reserved.